会員限定セミナー
水素水飲用による健康効果の表示適正化と今後の展望セミナー
〜水素水業界の健全化とさらなる伸展を願って〜


日 時 平成29年4月11日(火)
セミナー
展示会
懇親会
午後 1:30〜5:00
午後 1:00〜4:30
午後 5:20〜7:00
会 場 ホテル日航大阪 孔雀の間(4階)
〈大阪市中央区西心斎橋1-3-3 TEL06-6244-1020)
*ホテル日航大阪*
主 催 日本水素水振興協会
共 催 日・中・韓健康水素水フォーラム
後 援 中国国家健康飲用水委員会
韓国健康水産業シンポジウム
参加費
セミナー1名  10,800円(税込)
懇親会 1名   6,480円(税込)
展示会出展1小間  21,600円(税込)



■ 参加へのおさそい

 昨年12月15日、国民生活センターは水素水の調査結果を発表しました。国民生活センターは過去にもいろいろな製品について何度も問題点を公表していますが、今回は国民生活センターに対して多くの水素水関連企業が苦言を呈しており、これについては国民生活センターもホームページで公表しています。
 今回の国民生活センター発表を受けて、市場はいまだに混乱しているようです。本セミナーでは、水素水の広告表示の適正化、国民生活センターの問題点と水素濃度測定法の再検討さらに、水素水の新たな効能表示などについて、今後の伸展を願って開催します。奮ってのご参加を期待します。



■ プログラム

PM 1:30
〜 2:50
講演1 「広告表示の適正化と水素水問題」

  1.広告表示の適正化と水素水問題
  2.景品表示法及び健康増進法の概要
  3.水素水飲用及び水素風呂入浴での健康効果の表示について
 水素水飲用及び水素風呂入浴で謳える範囲・文言
  例えば、水素水は生体への抗酸化力が強いは謳えるか
 水素水飲用及び水素風呂入浴で表示できない健康効果
  例えば、悪玉活性酸素を除去、アトピーに効く

公益社団法人 日本広告審査機構
審査部 倉本 仁美
PM 2:50
〜 3:10
休 憩
PM 3:10
〜 3:40
講演2 「水素水の溶存水素濃度測定について、JIS化の可能性を提案」

 マイナスイオンブームに沸いた21世紀初頭、私は2002年にマイナスイオン測定のJIS化を目指して日本機能性イオン協会を立ち上げ、2006年11月にJIS B 9929として制定され、当協会はJISに則ったイオン測定を実施している。
 今日の水素水の環境はその当時の状況に似ており、制定JIS化への方向へ進むべきだと思うが、JIS B 9929が制定された経緯をたどって、水素水溶存水素濃度測定JIS化への道を提言するものである。

日本機能性イオン協会 副理事長
日本水素水振興協会 顧問 西村 純一
PM 3:40
〜 4:10
講演3 「主な食品、水と比較した水素水の優良性表示方法の提案」
 〜国民生活センターの調査公表と企業の対応〜」


  1.国民生活センターの過去の調査公表事例
  2.国民生活センターの発表に対する企業及び当協会からの提言
  3.水素水の優良性を謳う「古くて新しい手法」の提案
  4.水素水と20種類の食品、水などの酸化力と還元力
 水素水の優良性表示方法
  5.食品の抗酸化力を高める水素水の活用
  6.水素水の活用事例
 水素農業、水素温熱免疫療法
 灯油1:水素水9の混合燃焼の結果

中国国家健康飲用水産業委員会 顧問
 日本水素水振興協会 専務理事 江川 芳信
PM 4:10
〜 5:00
講演4 「水素水の飲用効果と将来展望」
 〜ナノバブル水素水から理解できる健康効果〜」


  1.ナノバブル水素分子の細胞内での働き
  2.ナノバブル粒子のブラウン運動測定法
  3.水素水によるヒドロキシラジカル消去能
  4.水素風呂での水素ガスによる酸化ストレス軽減効果
  5.水素風呂入浴による肌トラブルの予防効果

富山医科薬科大学 名誉教授 水の科学研究会 会長
日本水素水振興協会 理事長 医学博士 田澤 賢次
PM 5:20
〜 7:00
懇親会



 □ 定例セミナー(平成28年11月)

 □ 定例セミナー(平成28年7月)

 □ 定例セミナー(平成27年)

 □ 定例セミナー(平成26年)

 □ 設立記念セミナー(平成25年)