日本水素水振興協会



 

dot-03.gif


  新着情報

1月6日 1月の事務局だより

中国支部開設のご案内


 dot-red.gif
 
2020年1月の事務局だより(第78号)
 
 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
さて、過日NHKガッテンで「めざせ健康長寿、大注目の検査はこれだ」が放映されました。番組のはじめに、高齢者がジョッギングしているところが映りました。元気そうで、70代か80代過ぎにしか見えません。なんと90才の高齢ランナーでした。ここまで高齢者が若い人に負けないほどスポーツすることが可能なのでしょうか。とアナウンサーも感嘆していました。
 また、92才の女性が料理店で賄いをしているところも映りました。センテナリアンに近いと言うそうです。センテナリアンとは、100才以上の人のことで、日本語で「百寿者」と言い100才を超えても健康な人のことだそうです。
 先ほどの、大注目の検査とは、「CRP検査」のことで、CRP(慢性炎症)とはC-反応性蛋白のことで、体内に炎症反応などが起きているときに血中に現れるタンパク質で、健康寿命の長い人は「CRP」の数値が低いことが分かっています。
 「CRP値」を下げる方法には、いくつかありますが、ここでは、水素水の飲用を挙げます。水素水飲用は生体の抗酸化力を上げることは分かっていますので、「CRP値」を下げる方向に向かうと言われています。  水素水関係者の取り組みを期待します。
 dot-red.gif