第98回定例会セミナー

 情報の有効活用とビジネス拡大戦略
〜情報を集める、時代を掴む、夢を探す〜
平成16年9月10日(金)


「"景品表示法"改正のポイントと企業の対応」 (社)日本広告審査機構
関西事務所
次長
瀬戸口 香
「通信販売事業とメディアの有効活用」 (社)日本通信販売協会 主幹研究員
柿尾 正之
「健康産業での販促ツール1"血流観察装置"とその有効活用」 光電エンジニアリング(株) 代表取締役
津田 功
「韓国におけるマイナスイオン産業の現状と、
 韓国製"マイナスイオン発生器"の驚異的性能」
韓国IONS(株) 代表取締役
李 宗 燮
「"血中酸素濃度"と健康と製品販売への有効活用」 遠赤外線応用研究会 専務理事
江川 芳信
「"岩盤浴健康法"とビジネス展開」 オーミック工業(株) 代表取締役
大畠 昌幸


セミナー報告
 去る9月10日に大阪厚生年金会館で行われた第98回セミナー「情報の有効活用とビジネス拡大戦略」〜情報を集める、時代を掴む、夢を探す〜は、従来のセミナーと内容を変え、ビジネスに直結するホットな話題・テーマにしたこともあり、50名を超える参加がありました。
 最初に(社)日本広告審査機構・関西事務所次長の瀬戸口香氏が「"景品表示法"改正のポイントと企業の対応」というタイトルで講演。同法の概要、ポイント、企業の対応等について、短い時間にもかかわらず解りやすく解説していただきました。
 続いて「通信販売事業とメディアの有効活用」ということで、(社)日本通信販売協会・主幹研究員の柿尾正之氏は、通信販売事業の市場規模や伸びの著しいテレビ通販やインターネット販売などの実情を報告されました。 
 続けて光電エンジニアリング・代表取締役の津田功氏が「健康産業での販促ツール1"血流観察装置"とその有効活用」の演題で、採血することなく血流を観察できる装置の仕組みを解説。後ほど実演も行われ、何人もの方が自分の血液の状態を確認されました。     
 休憩をはさんでの講演は韓国IONS・代表取締役の李宗燮氏の予定でしたが、李社長が事故のため講演することができなくなり急遽、当研究会の江川芳信が「韓国におけるマイナスイオン産業の現状と、韓国製"マイナスイオン発生器"の驚異的性能」について代理講演を行いました。
 続けて江川が「"血中酸素濃度"と健康と製品販売への有効活用」について講演。「酸素」ブームといえる程、日本で人気上昇中の同関連商品やそれらの使用前後での「血中酸素濃度」を測定することで評価できることなどを紹介しました。
 最後はオーミック工業・代表取締役の大畠昌幸氏が「"岩盤浴健康法"とビジネス展開」ついて発表。最近話題の天然鉱石を使用した「岩盤浴」ビジネスついて発表。天然鉱石の知られざるパワーを長年の経験をもとに事例を挙げて解説していただきました。