第100回記念セミナー

 健康関連ビジネスの実際と「血液サラサラ」測定による健康評価セミナー
平成17年9月29日(木)


「遠赤外線とマイナスイオン効果を"体感できる"
 大ヒット健康繊維製品の販売ノウハウ」
(株)マインドフィットネス 代表取締役
小橋 一央
「揮発性有機化合物(VOC)を抑制する遠赤外線と
 マイナスイオンを利用した新建材」
(株)アシスト理研 営業本部長
森下 和典
「ゲルマニウム素材を利用した商品開発の提案」 (株)キャネット 代表取締役
栗本 小三郎
「遠赤外線とマイナスイオンによる活水システムとその効果」 (株)エヌ・オー・エス 高橋 一也
「ゲルマニウム肌着着用によるダイエット効果」 清川(株) 汎用品事業部課長
辻 秀明
「"血液サラサラ"測定による最新の健康評価と
 マイナスイオンの効果」
菊池マイクロテクノロジー研究所 所長
菊池 佑二


セミナー報告
 去る第9月29日(木)、当研究会主催で第100回となる記念セミナー・健康関連ビジネスの実際と「血液サラサラ」測定による健康評価を、大阪厚生年金会館にて開催し、参加者は60名を超える盛況となり、事務局も一安心したところです。
 今回のセミナーでは札幌や新潟など各地から講師をお招きし、バラエティに富んだ内容となったこともあってか、参加者も韓国や台湾、福岡、高崎など各地域からご参画いただきました。
 昭和63年2月25日に第1回を開催してから17年をかけて節目となるセミナーを開催できたのも、業界関係者の方々のご協力の賜物と感謝いたしております。引き続きのご支援よろしくお願いいたします。
 最初に「遠赤外線とマイナスイオン効果を"体感できる"大ヒット健康繊維製品のノウハウ」〜大手通販も驚く商品力とノンクレームシステム〜を、(株)マインドフィットネス 代表取締役の小橋一央氏が講演。商品力やネーミング、デザインなどの重要性を強調、大ヒット商品の実例を紹介されました。
 続いて(株)アシスト理研 営業本部長の森下和典氏が「揮発性有機化合物(VOC)を抑制する遠赤外線とマイナスイオンを利用した新建材」〜愛知万博の日本館で採用された事例紹介〜ということで、映像による施工例や特性を紹介。
 「ゲルマニウム素材を利用した商品開発の提案」〜人気のゲルマ利用の美容商材開発事例〜という演題で、(株)キャネット 代表取締役の栗本小三郎氏が話題のゲルマニウムはもとより、セラミックス類やホルミシス効果の素材などを紹介するとともに、採用企業のカタログも提供していただきました。
 休憩の後、「遠赤外線とマイナスイオンによる活水システムとその効果」〜農林業から食品製造まで、幅広い使用実績〜について(株)エヌ・オー・エスの高橋一也氏は、地域密着による確かな営業実績を披露。  続く清川(株)汎用品事業部課長の辻秀明氏は、「ゲルマニウム肌着着用によるダイエット効果」〜今、話題のゲルマニウムの繊維加工への応用〜ということで、繊維製品での開発の経緯とデータの重要性、インターネットなどの間違った情報に惑わされないように留意して手がけることが大事だと述べられました。
 最後に「"血液サラサラ"測定による最新の健康評価とマイナスイオンの効果」を、菊池マイクロテクノロジー研究所所長の菊池佑二氏が講演。血液の「サラサラ」と「ドロドロ」の実際の状態の違いや各種食品、飲酒、運動の有無、男女差などによる変化等を、貴重なサンプルデータで示されました。(敬称略)