新着情報

2017年6月の事務局だより(29.6.1)

 dot-red.gif
 2017年6月の事務局だより(第340号)
   5月下旬、当会設立時の間もない時期に来訪された広島の企業から久しぶりに電話がありました。問い合わせ内容は、「最近の情報では、セラミックスや炭、天然鉱石によって、大気中を浮遊するPM2.5がかなり除去できるようだが、実際はどうなのか」というものでした。
 そこで、当会では5年前からPM2.5除去性能試験を16社実施したこと。結果は、マイナスイオン発生器では30分間でほぼ100%除去すること。炭やセラミックス、天然石の場合で75%程度除去できるとの説明をしました。
 6月に来訪して、詳しく聞いた上で、是非試験をしたいとのこと。この会社も業績を維持するため、いろいろと新規事業を模索しており、今回のPM2.5ビジネスが見つかり商品化したい考えのようです。
 dot-red.gif