新着情報

2017年8月の事務局だより(29.8.1)

 dot-red.gif
 2017年8月の事務局だより(第342号)
   最近、遠赤外線放射効果を謳った「浴用製品」に関わるデータ取得の相談が増えています。どのような方法で、どのようなデータが得られるか、という相談です。そこで、普通の入浴剤を除いて、現在どのような「浴用製品」が上市されているのか調査しました。
 「遠赤外線+入浴効果」で検索すると、約110件ヒットしました。入浴効果の表現としては、
  @普通入浴より、よく眠れる
  A普通入浴より、よく温まる
  B普通入浴より、リラックス気分になれる
 というものです。さらに、どのような製品構成なのか見てみると圧倒的に多いのが鉱石を使っていることが分かりました。遠赤外線をよく放射している鉱石を使っているとする表現です。
 その鉱石に多いのは、
  @天照石 Aゼオライト Bゲルマ二ウム Cトルマリン
  Dラジウム E麦飯石 F医王石 Gブラックシリカ
 などです。しかし、気になるのは製品の効果を謳っているが、その効果を示すデータ記載がないものが多いことです。110社中、データ不記載企業は約80社あります。景品表示法からも問題となるので、これらの企業の善処を望むところです。
 いずれにしても、現在でも遠赤外線製品に根強いものを感じます。
 dot-red.gif