クライアントリスト



[ 遠赤外線応用研究会 入会案内 ]


設立趣意書


 遠赤外線の利用は多くの産業分野に於いて、計り知れない可能性を秘めています。
 現在も、食品産業における省エネ、省スペース、品質の向上、熟成の促進、保存性の向上、作業環境の改善のため、また健康産業における健康増進機器として、建築産業における遠赤外線放射暖房機として、プラスチック業界における樹脂加工などで利用されて等で利用されています。
 しかしながら、一部に於いては、その効用面だけが強調され、基本的な遠赤外線の研究、データの蓄積等が遅れている場面が見うけられます。そのため、遠赤外線機器をお売りになる立場、お使いになる立場の方々が当惑しておられる現状も見うけられます。
 一企業ではなかなか難しい基礎研究的なことも、会員相互のご理解とご協力を頂ければ公的機関での実施も可能となります。このことは、遠赤外線の普及活動を推進していく上で誠に重要なことであります。  また、遠赤外線に関する調査データ、情報の収集、広報等を積極的に展開していく事も必要であります。
 よって、ここに遠赤外線応用研究会を設立し、遠赤外線の適切な利用の推進を目的とする技術・知識の総合的な普及啓発に努めることにより、国民生活及び国民経済、産業の健全な発展に寄与する事を目的とするものであります。


昭和62年11月 設立者一同




 会則